やる気スイッチde効率アップ~楽しくアクティブ学習~

塾の選び方

塾の講師の選び方について

塾を選ぶ場合、講師との相性がとても大事です。講師は、その塾の看板的な存在の講師もいますが、特に有名な講師ではなくても、相性が良ければまずは成績向上の上で安心できます。 講師選びは相性も大事ですが、甘い先生は避けるようにしましょう。講師も人間です。できるだけ生徒に嫌われたくないため、宿題を出さない講師や、出したとしても10分程度で終わってしまうような宿題しか出さない講師ではあまり意味がありません。宿題は最低30分以上はかかるものを毎回出してもらうようにお願いするといいでしょう。 後は授業内容です。いい大学を出ている先生が必ずしも説明が上手いというわけではありません。説明は小学校4年生が聞いてもわかるぐらい砕けた言い方をする講師がいいでしょう。

ノート指導の問題点について

小学校低学年ぐらいの場合は、塾のノートを見るようにしましょう。塾に行ってもそのノートがしっかりした物でなければ意味がありません。汚いノートや雑な字で書かれたノートはほんとうに勉強になっているか注意が必要です。 これに対してノート指導を重視する塾もあります。とにかくノートの撮り方にこだわる塾です。一見素晴らしい教育のように感じますが、授業の目的がきれいにノートをとることになってしまい、肝心の内容はわかっていないという場合もあります。また、教材に書いてあることや、黒板に書かれていることを写すのに精いっぱいになってしまい、実際にその内容をまるで理解していない場合や、問題を解かずに終わってしまう場合もあるので、ノート指導が必ずしも良いとは言えません。